読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイスペ女子( )のよこしまな所感

元社畜・現育休中30歳OVER女子( )の日々の所感。

アラサーホイホイ「セーラームーン展」に行ってきた

友達に誘われて六本木ヒルズ展望台で開催されている「美少女戦士セーラームーン展」に行ってきました。

www.roppongihills.com

30歳の私はまさにセーラームーン世代。気になっていたのでホイホイ行ってきました。

混雑が予想されるので、子供は旦那と留守番してもらいました。

子供(1歳2か月)は卒乳してから、「パパと留守番」ができるようになり、おかげで母親は時々上手く息抜きすることができています。

 

さてセーラームーン展の感想ですが、一言で言うと「オススメ!」です。

土曜日昼に行きましたが入るのには5分程度の待ち時間で入れました。展示内は混んではいますが、「話題の美術展もこれくらいのもんだよな〜」というレベルです。

来場者の8割がおそらく20代後半〜30代前半、まさにアラサー女性と見受けられました。残り2割は男性と、海外観光客といった感じでした。海外観光客が意外と多い印象でしたね。

 

オススメポイントを3つにまとめますと以下のとおりです。

①アラサー女友達複数人と行くべし

かなり盛り上がります。懐かしのシーンやグッズなどが展示されており、世代ど真ん中のアラサー女同士であれば「これ持ってた」「ここは印象に残ってる」などなど会話がかなり盛り上がり、あっという間に時間が過ぎています。

およそ20年前は出会っていなかった人たちと、20年前の話題でこんなに盛り上がれるとは。セーラームーンのパワーを感じました。

 

②夜に行くべし

私が子供を留守番させているということもあり、昼に訪れたのですが、可能であれば夜に行くのがオススメです。

なぜなら

展示内容と展望台から見える夜景がマッチしすぎなんですよ!!

展望台での展示ということで、展示内容だけでなく、見える外の景色も素晴らしいんですよね。昼の時間帯でもかなり楽しめました。夜の様子も生で見てみたかったです。

 

武内直子氏の美しすぎるカラー原画を見るべし

展示内容で最も心が動かされたのは、セーラームーン原作者である武内直子氏のカラー原画の展示です。引き込まれます。かわいさ、美しさ、艶やかさ、セクシーさ、魅力的なものがギュッと詰まっています。子供の頃のワクワク感が一気に蘇ってきました。

今回のセーラームーン展限定の書き下ろしのものもあります。

 

 

 

この興奮冷めやらぬ状態のままグッズショップコーナーに突入し、危うくものを買ってしまうところでした。(断捨離中なので余計なものは買わないことにしています。)

ショップは多くのものが品切れだったり入荷未定だったりします。

 

↑↑↑転売も出てきているみたいですねぇ…。うーん、転売屋が出てくるのはやむをえないとは思いますが、ちょっと残念です。転売防止のためか、現在は1人20点までの購入しかできないようになっていました。

 

やー、漫画読み返したくなっちゃいました。

息子を預けてどっぷり堪能できてよかったです。

美少女戦士セーラームーン展>

【会場】六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリー 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階

【期間】2016年4月16日(土)〜6月19日(日)

【入場料】大人1800円、学生1200円、子供600円、シニア1500円

【開館時間】10:00〜22:00