読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイスペ女子( )のよこしまな所感

元社畜・現育休中30歳OVER女子( )の日々の所感。

0歳1歳でも楽しめる「ぱんだカフェ」に行ってきた!【東京都内の親子カフェ】

子連れ外出 子連れ外食 育児

評判のいい親子カフェ「ぱんだカフェ」へ行ってきました。結論を先に言うとかなり気に入ったので理由と共にご紹介します。0歳1歳ママにもおすすめできます。

 

ぱんだカフェとは?

Asakusa

浅草エリアにある親子カフェです。「浅草に親子カフェ」というのは意外な組み合わせのように思えて印象に残っていたのですが、評判がいいので行ってみることにしました。 

 

https://www.instagram.com/p/BFwKO21s3CZ/

Instagram

 

最寄駅は東京メトロ銀座線「田原町」で、徒歩すぐのところにあります。2階建ての建物で1階は開放的なテラスがあるリゾート風なフロアとなっています。

 

https://www.instagram.com/p/BFwLDUws3E-/

Instagram

そして1階から、おしゃれな真っ赤の螺旋階段を上っていくと、親子カフェになっている2階にたどり着きます。1階とは雰囲気がガラッと変わり、少しアジアンテイストのポップな空間となっています。

 

今まで親子カフェにはいくつか行ってみたことがあるのですが、あまりしっくり来たことがありませんでした。しかし「ぱんだカフェ」には結構満足できたので、おすすめ理由と共にご紹介します。

 

おすすめ理由1. 子供との距離が近い

残念な親子カフェでありがちなのが「子供のプレイスペースと親の食事スペースが遠い」ことです。

親が少し離れたところにいても、友達と仲良く遊べるくらいの年齢のお子さんであればそのような親子カフェでも問題ないと思います。

しかし私の息子はまだ1歳です。まだ「良い悪い」「安全危険」の区別がつかない1歳児を離れたプレイスペースに置くと、何をしでかすかわからず、親は結局ぴったりくっついていなければならず、食事をしに来たはずなのに食事ができないことが度々あります。

 

f:id:shimaneco21:20160523232213j:plain

ですが、ぱんだカフェ2階は床が畳になっていて、その上に高めのちゃぶ台が乗っているという形式なので、親は子供が遊んでいるすぐそばで食事をとることができます。また子供に何か怪しい動きがあっても、親はすぐに対応することができます。

0歳のお子さんを連れている方も多くいらっしゃいました。畳なので、赤ちゃんを直接畳に寝かせたり、またはバウンサーなど(カフェで借りられます)に入れて寝かせたりして、ママ達は食事や会話を楽しんでいおられました。

ちなみに子供が階段を誤っておりないようにバリケードも設置されています。

おすすめ理由2. 清潔感がある

jam

子供のプレイペースはおもちゃが散乱してカオス空間になりがちなのですが、ぱんだカフェはそんなに広くないこともあってか、利用者がマナーよく使っているように見受けられます。

アソボーノなんかは広すぎるせいもあると思うのですが、もうカオスですよね…

ちなみに置いてあるおもちゃは積み木やボール、おままごとセットなど、種類も豊富で充実しています。絵本やブランコ付き滑り台なども置いてあります。

 食事をするちゃぶ台も綺麗に掃除されており、気持ち良く使えます。

トイレも綺麗です。トイレにはオムツ替えをするためのエリアとしてベビーベッドが置かれています。おしりふき(しかも温かい!)も置いてあります。オムツ捨てのゴミ箱もあって、「赤ちゃん連れのことわかってる〜!」と思いました。

おすすめ理由3. スタッフが子供慣れしている

私が来店した日に対応してくれたのは男性スタッフ数名だったのですが、皆さんとても子供慣れしていて助かりました。

オーダーや配膳のついでに少し遊んでくれたり、親が困っているときに自然と助けてくれたりします。

お店のスタッフが子供に対して優しくしてくれると、親としては張り詰めている気持ちが少しホッとしたりしますよね。

おすすめ理由4. 食事が美味しい

 

https://www.instagram.com/p/BFwQsBGM3Di/

Instagram

私の中では食事が美味しかったことが一番嬉しかったです笑。

残念な親子カフェって食事がイマイチなことが多いじゃないですか…。全然美味しくなかったりとか、実物と写真が違ったりとか、その割に値段が高いとか…。

しかしぱんだカフェの食事は期待通りです。美味しいです。野菜もたっぷり食べられます。値段も都内ランチ相場通りです。

 

キッズメニューもあります。1歳2か月の子供も食べられる内容でした。

ちなみに離乳食であれば持ち込みOKですので、キッズメニューがまだ食べられない月齢の子供でも大丈夫です。バンボやベルト付きチェアもあるので、座らせて食べさせることができます。

f:id:shimaneco21:20160521223517j:plain

またドリンクバーもあるのも嬉しいです。ただコーヒー系メニューは充実しているのですが、お茶系は少なかったのが少し残念でした。

授乳中の方も来店するでしょうから、ノンカフェイン系メニューが充実するとなお良いのにな〜と思いました。

おすすめ理由5. 穴場!

親子カフェは人気が高く、平日でも予約がないと入れない…ということがよくあると思うのですが、ぱんだカフェはこんなにハイクオリティなのに穴場です。予約なしで入れました。田原町にあるからでしょうか。

スタッフに聞いてみると「平日であれば予約なしで入れる」とのことです。

ただ12時あたりはやはり利用者が多いので、そのピークをずらぜば、より一層ゆったり楽しめるかと思います。

休日はやはり予約はしたほうが良いみたいです。

 

また今回たまたまかもしれませんが、0歳〜2歳の子供を連れている方ばかりだったので、1歳児を遊ばせやすかったのです。

というのも、せいぜいヨチヨチ歩きの1歳児は、しっかりした3歳のお兄さんお姉さんと同じ空間で遊ばせるのは結構大変だからです…。仕方のないことですが、吹き飛ばされたり、おもちゃ分けてもらえなかったりしますからね。そう言った心配がなかったのも良かったです。

反省点

私はランチタイムに訪問して、私も子供もそこでランチをとったのですが、「子供は家で食べさせてきてから、ママ友どうしゆっくりランチする」という楽しみ方をお勧めします。

なぜかというと、子供はたくさんのおもちゃに囲まれて楽しい気分になってしまって食事どころではなくなってしまったんですよね。気が散ってしまってなかなか食べ進んでくれませんでした。

なので子供はお腹いっぱいにしてから訪問して遊びに専念させてあげた方が良いかと思います。

そうすれば親は遊ぶ子供を近くで見ながら美味しいカフェご飯をゆっくりと食べることができると思います。

まとめ

外出できるようになったとしても、0歳1歳の子供が安心して遊べる場所は意外と少なかったりします。特に外食できる場所を探すのは大変です。が、ぱんだカフェは小さい子供でも楽しめました!それに親もしっかりと美味しい外食を楽しめました!かなり親子フレンドリー度の高いカフェだと思いますので、オススメです。

ぱんだカフェの詳細

【所在地】東京都台東区雷門1-7-7

【電話番号】03-5806-0391

【営業時間】10:00~18:00

【アクセス】東京メトロ銀座線「田原町」駅から徒歩1分、都営浅草線「浅草」駅から徒歩4分

 

*子連れチェックポイント*

【子供用椅子】

ベルト付きチェア有り。バンボ有り。座布団あり。

そもそも畳なので、いい子でおすわりできる子はそのまま畳の上に座っても良いと思います。

【子供用メニュー】

500円のキッズメニュー有り。

離乳食は持ち込みOK。

離乳食の購入も可能?←隣テーブルのママたちとスタッフの会話から漏れ聞こえてきた話なので確実ではありませんが、そんな会話をしていたような気がします…。

↑こういう感じのランチボックスでしょうかね?

【トイレ】

オムツ替えスペース有り。

トイレにはオマルも置いてありました。

 

【その他】

1階のおしゃれカフェスペースにもベルト付きハイチェアがあるので、そこで食事をとることもできるそうです。

 

*公式サイト*

www.link-up.tokyo