読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイスペ女子( )のよこしまな所感

元社畜・現育休中30歳OVER女子( )の日々の所感。

歳をとったせいか"オオカミ少女と黒王子"に嫌悪感を感じる

最近テレビを見ていると「オオカミ少女と黒王子」という映画のCMや、番宣(映画だから番宣って言わないか…)をよく見かけます。

wwws.warnerbros.co.jp

その宣伝を見てどうも嫌悪感を感じてしまうBBAです。

ちなみに原作の漫画はちっとも読んだことがないので、この嫌悪感は的外れなのかもしれません。そういった先入観がない状態で宣伝を見た時の純粋な感覚です。

男主人公が女主人公のほっぺをつねったり「しつけてやる」という発言をしていたり…。恋愛体験をそれなりにして結婚出産までした30歳越えBBAからすると、DV男にしか見えないんですよね笑。

でもあらすじを読んでみると面白そうなストーリーだなぁと思います。

あらすじはこんな感じらしい

女主人公は「彼氏がいる」と女友達に嘘をついている"オオカミ少年"ならぬ"オオカミ少女"。しかしいつまでも嘘を突き通せるはずもなく、疑われ始めます。そこで超イケメンの同級生に彼氏のフリをしてもらうことになります。

そのイケメン同級生が男主人公。一見さわやか王子様かと思いきや、実はドSの"黒王子"でした…。そして黒王子は偽装カップルになってくれる代わりに狼少女に「絶対服従」を要求してくるのです。

…で、偽装カップルがだんだんいい感じになってく、というストーリーのようです。

 

話はめちゃくちゃずれるんですが、私が中学生の時には同じように狼少女がいて、彼女は嵐の二宮くんが彼氏だと言い張っていました。あらすじ読んだらそんな彼女のことが思い出されてしまいました。

DV男の匂いがする…

漫画だってことはわかってるんです。映画だってことはわかってるんです。フィクションだってことはわかってるんですよ。

でも女子会で「私の彼氏、絶対服従を要求してくるんだよね〜」なんてカミングアウトされたら「それDV男、モラハラ男だよ!イケメンでもやめときなよ!」ってなるじゃないですか。

そもそも力の強いスキンシップや乱暴な言葉をかける人を「ドS」って表現するのよくない!それジャイアンなだけ!ガサツな女が「私サバサバ系だからぁ〜」って言ってるのと同類!

…と、身近にDV男と付き合ってしまった友達が数人いたことがあるので、どうしても力が入ってしまいました笑。

好みのタイプとして「乱暴な人が好きなの、きゅんってするの!」ってなら…まぁ仕方ないんですけどね。現実世界では俺様系男子と付き合って幸せになった人は見たことないです。「私が悪いの、彼を怒らせちゃったから…」と言いながらボロボロになったAちゃんBちゃんのことが頭に浮かびます。

私が中高生の頃も俺様系男子は人気だった

しかし私が中学生高校生の頃も少女漫画には俺様系男子がたくさんいて、人気を博していました。「花より男子」とか「快感フレーズ」とか…読んではキャーキャー言っていたものです。

快感フレーズの男主人公"咲也"なんて、今思えばセクハラのオンパレードでしたが、当時はなんの疑問も抱いていませんでした。

私が俺様男子に嫌悪感を抱いてしまうのは、現実世界で恋愛体験をしてたくさん失敗もしたオバサンだからなんだと思います。フィクションに現実的な目線を向けてしまう。

映画を作った人たちもそもそもこんなオバサンをターゲットにしているわけでなく、おそらくこれから恋愛体験を積んでいく、少女漫画に夢見る女の子たちをターゲットにしているのでしょうから、ここでBBAがギャーギャー騒ぐのは的外れです。

若い子がフィクションとして楽しんでるんだから、それで良い

宣伝を見て個人的にギョっとしただけなので、そんな浅い知識の状態でこの漫画や映画を批判しようなんて思っていません。

実際に読んでみたり観てみたりしたら、"嘘つきクズの女主人公"も"乱暴クズの男主人公"も、人として成長していく姿が描かれているかもしれません。

 

私も中学生の頃に付き合ってた(今考えれば中学生で付き合うってなんだよ!って感じがしますけど)彼氏にちょっと乱暴なこと言われてトゥクン…!となっていたような記憶がうっすらあります。若い時の方が"お姫様願望"的なものは強かったような気もします。

オバサンはもう楽しみ方を忘れてしまった、ティーン向けエンターテイメントなんだと思います。

でも若い女の子たちよ、現実世界の俺様男子は地雷だから気をつけてね!!!