読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイスペ女子( )のよこしまな所感

元社畜・現育休中30歳OVER女子( )の日々の所感。

不倫なんてみんなやってると思ってた

今年は芸能人・有名人の不倫ニュースが目立ちますね笑。ベッキーやら乙武さんやらファンキーモンキー加藤やら…ワイドショーでも取り上げられてネタになりますし、友達の間でも話題になっています。

ところで世間が不倫に厳しい目を向けている様を見て、私は「意外と世間は不倫に厳しいんだな」という驚きと安堵を感じています。

なぜこんな感情になるかというと、おそらく周りに不倫経験者が何人かいるからなんですよね。念のため宣言しておきますが、私自身は不倫を経験したこともないし、したいとも思いません。

自分の倫理観としては不倫はするものじゃないという感覚なのですが、周りに意外と経験者がいるので「あれ、もしかしてみんな意外と不倫してるものなのか…?」と心配になっていました。

なので昨今のゲス不倫ブーム(?)における世間の厳しい様子を見て「そうだよね!!」とホッとしている次第です。しかし執拗に粘着して叩いている人は気持ち悪いと思いますけどね、それはまた別の話。

さて、せっかくなので私を疑心暗鬼にさせた身近な不倫経験者エピソードを5つほど紹介します。

ケース1:専業主婦Aちゃん

Aちゃんは今は専業主婦で幼稚園に通う子供がいます。とても美人です。気配りができる子で、いつも明るいので人を惹きつける力があります。独身時代から二股三股は当たり前のユルい女の子でした。

彼女の「結婚する!」という知らせを聞いた時、仲間内では「あの浮気性のAがようやく一人に落ち着いたか!めでたい!」と喜んだのですが、それもつかの間、即不倫に走っていました。

SNSでは仲良さそうな家族写真ばかりアップしているので真実を知っている私としては怖いです。こんなに仲よさそうでも裏では不倫してるって怖すぎでしょ…、と。

え、幸せそうな主婦もこんなにカジュアルに不倫してんの?と不安になったケースです。

ケース2:大手サービス系企業勤務のイケイケバリキャリBちゃん

Bちゃんは元バンギャのイケイケ(死語?)のキャリアウーマンです。いつも「結婚や出産に興味はない」ということをよく言っていてドライな関係を好みます。とてもモテて彼氏やセフレがいないことはありません。

私は独身の時にBちゃんと合コンをしたことがあるのですが、相手の中に既婚者のおじさまがいました。私は内心「既婚者が合コンくるなよ」と思っていたのですが、後日Bちゃんと付き合い始めました。

いくら結婚に興味がないとはいえ、既婚者と知った上で付き合うってぶっ飛んでるな…

え、このバリキャリお姉さんの倫理観ぶっ飛んでるの?それとも私がクソ真面目なの?と不安になったケースです。

ケース3:大手メーカー勤務の純粋Cちゃん

Cちゃんは真面目な子で、美人だったので学生時代からモテていましたが「男性と付き合うことに興味はない」と言って特に彼氏を作らずに過ごしていました。

そんな彼女が社会人になってできた彼氏はなんと既婚者でした。Cちゃんは真面目な子なので不倫の話を聞いた私はとてもショックを受けました。

が、よくよく話を聞いてみると相手の男は自分が婚約状態だったにもかかわらず、Cちゃんと付き合い始め、Cちゃんには秘密で結婚式を挙げ、Cちゃんとの仲が深まった頃に既婚者であることを打ち明けたというのです。

これはつまり、ほぼベッキーパターンですね。

彼女はすごく苦しんでいました。別れなきゃいけないことはわかっているのに、でも本当に好きになってしまった、と泣いていました。

(こんな彼女のケースがあったので、私はベッキーを責める気が湧きませんでした。)

彼女は今はすっきりと関係を断っていて幸せな日々を送っています。

あー、真面目な女の子でもゲス野郎に引っかかって不倫しているケースもあるのか…と不安になったケースです。

ケース4:外資系企業勤務のお姫様Dちゃん

Dちゃんは箱入り娘という言葉がぴったりです。親御さんに蝶よ花よと育てられた…そんな雰囲気が漂います。なのでちょっと騙されやすい一面もあり、それが裏目に出ました。

Dちゃんは自称離婚調停中の男に引っかかりました。「妻とはもう別れるから」と常に言っていたらしいのですが一向に別れる様子がなくダラダラと付き合ったそうです。しかもこの男性、ヨーロッパの方だそうで、ゲスな男の手口には国境はないんでしょうかね?

離婚調停中という言葉をずっと信じていたDちゃんはつい最近までその男と付き合っていたのですが、ベッキー不倫のニュースを見て目が覚めたとのことで今はキッパリお別れしています。

あー、親御さんに大切に育てられたようなお嬢さんはこういうペテン師に騙されていつの間にか不倫してたりするのか…と不安になったケースです。

ケース5:身近な人

このケースを思い出すのはとても辛いことですが、内心吐き出してしまいたいという思いがあります。実の父親の話なのです。書き始めて心臓がバクバクとしてきました。

この話は友達にも夫にもしたことはありません。恥ずかしすぎて。でも匿名で書いているブログだから書くことができます。

私は30歳を過ぎた"大人"になったので、今でこそ淡々とその時のことを思い出すことができます。しかし父親の不倫を知った時はまだ高校生、しかも受験生だったので酷く傷つきました。高校生の頃なんて心が不安定で、しかも受験生となればより一層脆い時ですよね。そんな時に発覚して家族の中でも大問題になりました。

私は受験勉強のため元々ナーバスになっていたので、父親の不倫を知って大暴れしました。父親の部屋のパソコンのディスプレイを割り、本棚をめちゃくちゃに倒し、茶碗も庭に向かって投げ捨てて割ってやりました。父親を殴ったり蹴ったりもしました。

そして相手の女に電話をかけて「人が受験でクソ忙しいって時に何やってんだよクソビッチ!!!よくもうちを引っ掻き回したな!大学落ちたら一生呪ってやる!!!」と言ってやりました。

本当の話です。自分でもよくもまぁこんなに罵倒の言葉がスラスラと出てきたな、と思います。

女は受話器の向こうで泣きながら「ごめんなさい…ごめんなさい…」と言っていたのを覚えています。今の私くらいの年齢の人だったのかもしれません。

私も泣いていました。この人はこんなに泣いて憔悴したような声を出すなら、そもそも私のお父さんと妙な関係にならなければよかったのに。なんでお前が泣いてるんだよ、と思いました。

この件は私の心を酷く傷つけましたが、どれだけ大暴れをしても相手の女を罵っても気持ちが発散することはありませんでした。母も傷ついていたからできる限りこの話をしないように気をつけたし、当時の友達になんて恥ずかしすぎて打ち明けられませんでした。

話が発散してしまったので、まとめ

もっとも身近な家族が不倫に手を染めたという経験があり、そこから立ち直るために私は心の奥底で「不倫なんてみんなやってるもんだ」と思うようにして、合理化したのかもしれません。

そして大学生になって以降、さらにケース1〜4の身近な友人の体験談がこの「不倫なんてみんなやってる」という私の仮説を補強するようになったのかもしれません。

だから芸能人のゲスい不倫に世間が「気持ち悪い」と非難している様子を見て、「あ、不倫って非日常なんだ」という驚きと「そうだよね、気持ち悪いよね」という安堵を感じているのかもしれません。

不倫する男にも女にも色々な事情があるのだろうけれど、やはり家族に裏切られるという経験はなかなかキツいものがあります。

特に未成年の子供にとっては、途中で反抗期などはあるものの、親は生まれてからずっと信じてきた存在じゃないですか。まだ学校生活くらいしか知らない子供からしたら、信じてきた親が"どこかで知らない人とセックスしてた"って気持ち悪すぎてたまりませんよ。

芸能人・有名人の不倫問題を連日おもしろおかしく報道するのも第三者には楽しいかもしれませんが、当事者の家族からすると苦痛の日々だろうな、と思います。今はネットにも残ってしまいますしね。

この記事、本当はこんなに変な締め方をする予定ではなかったんですが、成り行きでこんな感じになってしまいました笑。

今は私も色々な経験をした大人になったので、父親の不倫は"なかったこと"だったかのようにして、普通の親子として接しています。けれどやっぱりこうやって思い出し始めると感情が止まらなくなってしまいます。

自分の子供には絶対にこんな体験をしてほしくない。させるつもりもない。

 

…と、ここまでさも自分の体験が特別かのように書いてしまったけれど、やっぱりみんなしているものだったりするんだろうか、不倫。