読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイスペ女子( )のよこしまな所感

元社畜・現育休中30歳OVER女子( )の日々の所感。

「ポケモンGOは課金制度が画期的」など

2016/7/24の気になるニュース。

1. 安定政権ほどロングバケーション

www.nikkei.com

総理大臣の夏休みに関して面白い記事がありました。

政権が安定している時ほど、総理大臣の夏休みは長いのだそうです。

確かに政権が不安定な時ほど忙しく休みを取っている余裕がないかもしれないので、妥当な傾向に思えますよね。

SEもシステムが安定稼働していれば夏休みちゃんと取得できますからねぇw

2. ポケモンGOは課金制度が画期的

www.nikkei.com

日経新聞でも今日の朝刊でポケモンGO関連の記事が多くありました。その中から一つ選んでみました。

ポケモンGOと他のスマホゲームの違いの一つに"収入源の違い"がある、という話です。

スマホゲームの多くの収入源は"ガチャ"が一般的です。言い換えれば有料のくじ引きで、そのくじ引きで"ゲームを有利に進められる強いモンスターや武器"を当てるためにユーザーはお金を払っていきます。

ポケモンGOには有料アイテムもありますが、ガチャは存在しません。

「ゲーム内課金だけに頼ると、利用者が疲れてしまう」と話すナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者

ガチャだけに頼るとユーザーからの不満(運営が確率を操作しているんじゃない?等)も吹き出し、長続きしないという考えのもと、他の収入源モデルを考えたわけです。

そこで考えられたのが企業との提携というわけです。

日本マクドナルドホールディングスとの提携ではポケモンGOを一種の広告媒体とみなし、店舗への集客に活用する。代わりにナイアンティックはマクドナルドからお金を受け取っている。マクドナルドに追随し、ポケモンGOを集客やブランド力の向上に活用する取り組みは今後も増える見通しだ。

アメリカでは、別に提携を組んでいるわけではない飲食店が自らポケモンをおびき寄せる有料アイテムを置いて、それにより集客して売り上げを伸ばしているという話も出ていました。(日本でももちろんそのような飲食店はあるかと思います。)

ポケモンをおびき寄せるアイテムは課金した人だけが受ける恩恵ではなく、ユーザ全員にその効果が現れます。課金したことが他ユーザにも影響するというのが今までのスマホゲームではあまり見られなかったユニークな特徴ではないかな、と思います。

課金に対してくじ引き要素がない・みんなで恩恵を受けられるというマイルドさが将来的にユーザーに長く続けてもらえるミソになり得るかもしれませんね。お金のない子供でも楽しめます。

3. ゲームのために端末を買う大人がいる!

www.nikkei.com

スマホの台頭もありパソコン市場は低迷していると言われていますが、一部例外があるそうで、なんとゲーム用(コンピューターゲーム対戦競技"eスポーツ"用)のパソコンは盛り上がっているらしいです。

完全に門外漢の私は「そんな市場もあるのか〜」と感心したのですが、そういえばポケモンGOをガチで楽しむために、普段使いとは"別のポケモン専用格安スマホ"を提供するサービスがあることを思い出しました。

www.itmedia.co.jp

ポケモンGOを本気で楽しむための壁の一つにバッテリー問題があります。GPS機能をずっとつけっぱなしの状態になるので、電池の減りがとても早くなります。そのためバッテリーを持ち歩く人も多くいます。

本サービスはiPhoneの出張修理サービスを手がける"Life Support Lab"が提供するサービスで、ポケモンGO専用のiPhoneをレンタルしてくれるというものです。

2台持ちすることで、メインスマホの電池残量などを気にしなくて良いというわけです。ちなみにこのサービスはなかなかの人気のようです。

ゲームを本気で楽しみたい大人たち向けの市場の可能性というものを感じました。